特集2

拡大がつづく半導体・FPD製造装置市場

開発から製造・完成品まで一貫した生産体制を構築

フル生産が続く半導体・FPD製造装置

コトヒラ工業 株式会社

LINEで送る
Pocket

画像:開発から製造・完成品まで一貫した生産体制を構築左:パンチ・レーザ複合マシンEML-3510NTが奥にある自動倉庫MARSと連動している/右:曲げ工程と曲げ加工後のステンレス製品(手前)

2万坪の工場用地に次々と大型工場を建設

コトヒラ工業㈱は1940年、東京都品川区五反田で、軍事用金属加工品を製作するコトヒラ製作所として創業。1945年、戦況激化にともない長野県上田市へ工場を疎開、コトヒラ工業㈱として設立された。

1969年、工場誘致により東部町(現在の東御市)に東部工場を開設。1971年、現在の売上の60%を占めるユニットバスパネルの受託製造事業を開始した。

1984年に本社を東部町に移転し、1987年にユニットバスパネル専用工場として佐久工場を開設。現在は本社工場と佐久工場で1日1,000室のユニットバスパネルを生産する。

2007年に組立と機械加工工場、2008年に板金加工工場と機械加工工場を増築。2016年には大型の粉体塗装工場を完成するとともに、2017年度末の完成を目指して、新たに大型製缶工場の建設を進めており、2万坪の工場用地に次々と大型工場を建設、事業拡大を行っている。

画像:開発から製造・完成品まで一貫した生産体制を構築栁澤敬一執行役員(左)、手塚久仁彦社長(中央)、中嶋和彦営業部長(右)

  • 画像:開発から製造・完成品まで一貫した生産体制を構築ベンディングマシンHDS-1703NTによる曲げ加工。左手矢印部は各工程の作業者に1人1台ずつ導入されたPC端末
  • 画像:開発から製造・完成品まで一貫した生産体制を構築ファイバーレーザ溶接システムFLW-4000もフル稼働している

今期は110億円の売上を目指す

2017年6月末の従業員総数は322名で関連会社を含むグループ社員の総数は400名を超え、長野県を代表する中堅企業に発展。2016年11月期の売上高が102億円、2017年11月期の見込みは110億円で前年度比9%増を見込んでいる。

売上全体の60%を占めるユニットバスパネル生産が月産2万室、年間で24万室と安定、30%を占める産機事業―半導体検査装置などの産業機械装置、板金筐体、切削部品等の製造受託事業。残りが自社製品であるクリーンルーム機器、集塵機、電解次亜水生成装置、バイオトイレ、スキー関連什器などの開発、製造、販売となっている。

年内はフル生産が続く半導体・FPD製造装置

2016年12月に新社長に就任した手塚久仁彦社長は「昨年秋口から産機事業の主力得意先である半導体・FPD製造装置・検査装置メーカーのお客さまの生産が増加。当初は『2017年春頃まで』といわれていましたが、現在では『年末までは増産体制でいく』という話をいただいています」と語る。

半導体産業を取り巻く環境は、電子機器市場ではPCの需要が低迷しているが、サーバー・ストレージ関連の成長、スマートフォンの高機能化のほか、ビッグデータや自動運転、AIなどにより活況となっており、2018年度までは需要拡大が続くといわれている。FPDも4Kテレビが堅調で、半導体製造装置、有機ELを主体としたFPD製造装置、検査装置が超多忙となっている。

同社では一部の工程で2交代制を導入し、フル生産が続いている。豊富な板金・切削加工設備により、大型製缶品だけではなく、その周辺部品となる板金部品、切削部品のすべてを社内で生産可能で、さらに注文書1枚で製品ができあがる一貫生産体制を整えている。

最近は半導体・FPD製造装置や自動車の製造ラインの架台・フレームとして使用される「大型製缶」に力を入れてきた。すでに大型構造物の塗装ができる粉体塗装ラインが稼働しており、年度末までには新たな大型製缶工場も竣工する。こうしたことで今期は産機事業が売上増に大幅に貢献している。

  • 画像:開発から製造・完成品まで一貫した生産体制を構築大型の形鋼を使った架台の溶接作業
  • 画像:開発から製造・完成品まで一貫した生産体制を構築2016年に完成した大型粉体塗装工場

会社情報

会社名
コトヒラ工業 株式会社
代表取締役社長
手塚 久仁彦
住所
長野県東御市滋野乙1320
電話
0268-63-0001
設立
1945年(1940年創業)
従業員数
322名
主要事業
ユニットバスパネルの製造/半導体検査装置などの産業機械装置、板金筐体、切削部品などのOEM製造/集塵機、電解次亜水生成装置、バイオトイレ、スキー関連什器の開発・製造・販売
URL
http://www.kotohira.biz/

つづきは本誌2017年10月号でご購読下さい。

LINEで送る
Pocket