TOPICS

「第30回優秀板金製品技能フェア」

節目の第30回 ― 応募総数は過去最多の268点

LINEで送る
Pocket

画像:節目の第30回 ― 応募総数は過去最多の268点「第30回優秀板金製品技能フェア」の表彰式会場

節目となる第30回 ― 新たに3賞が加わる

職業訓練法人アマダスクール(理事長:末岡愼弘氏)は3月3日、アマダ・246ホール(神奈川県伊勢原市)で「第30回優秀板金製品技能フェア」の表彰式を開催した。

厚生労働大臣賞は「単体品の部」より㈱ワールド山内(北海道)の「ISEKI」、経済産業大臣賞は「組立品の部」よりシンエイメタルテック㈱(佐賀県)の「ウォームギア」がそれぞれ受賞した。中央職業能力開発協会会長賞は「高度溶接品の部」より光陽電機㈱(三重県)の「エキゾーストシステム」、日刊工業新聞社賞は「単体品の部」よりナサ工業㈱(福岡県)の「Stitched Tube Ring」が受賞した。

記念すべき第30回をむかえ、今回から新たに「神奈川県知事賞」「日本塑性加工学会会長賞」「海外最優秀作品賞(アマダホールディングス提供)」の3賞が加わった。神奈川県知事賞は「組立品の部」よりナサ工業㈱(福岡県)の「ギアクロック」、日本塑性加工学会会長賞は「組立品の部」より㈱西野精器製作所(茨城県)の「俺の曲げ」、海外最優秀作品賞は「高度溶接品の部」より淇鋒企業股份有限公司(台湾)の「撹拌機用機構部品」が受賞した。

  • 画像:節目の第30回 ― 応募総数は過去最多の268点厚生労働大臣賞を受賞した㈱ワールド山内(北海道)の「ISEKI」
  • 画像:節目の第30回 ― 応募総数は過去最多の268点経済産業大臣賞を受賞したシンエイメタルテック㈱(佐賀県)の「ウォームギア」

応募総数は過去最多の268点、海外作品が40%弱

募集分野は「単体品の部」「組立品の部」「高度溶接品の部」「造形品の部」「学生作品の部」の5分野。今回の応募総数は過去最多となる268点で、このうち海外からの応募が104点と38.8%を占めた。

「組立品の部」では㈱河村産業所(愛知県)の「板金編み込みキューブ」が、「造形品の部」では㈱ナダヨシ(福岡県)の「ステンレス薔薇花束」が、学生作品の部では三重県立津高等技術学校の「帆船『エルピス・パンドーラー』」が、それぞれ金賞を受賞した。

また、審査委員会特別賞には、細見鉄工㈱(兵庫県)の「カラクリ貯金箱」(高精度板金技術)、山下機工㈱(愛知県)の「エアダクト」(薄板溶接技術)、㈲志村プレス工業所(愛知県)の「たかがボタン されどボタン」(レーザ加飾技術)が選ばれた。

クリーンメタル㈱(千葉県)の「ステンレス製装飾柱」、华升富士达电梯有限公司(中国)の「天安門」、大永工業㈱(長野県)の「A-BOX」にはアマダ賞が贈られた。

  • 画像:節目の第30回 ― 応募総数は過去最多の268点神奈川県知事賞を受賞したナサ工業㈱(福岡県)の「ギアクロック」
  • 画像:節目の第30回 ― 応募総数は過去最多の268点中央職業能力開発協会会長賞を受賞した光陽電機㈱(三重県)のエキゾーストシステム
  • 画像:節目の第30回 ― 応募総数は過去最多の268点日刊工業新聞社賞を受賞したナサ工業㈱(福岡県)の「Stitched Tube Ring」
  • 画像:節目の第30回 ― 応募総数は過去最多の268点日本塑性加工学会会長賞を受賞した㈱西野精器製作所(茨城県)の「俺の曲げ」

つづきは本誌2018年4月号でご購読下さい。

LINEで送る
Pocket

関連記事

TOPICS記事一覧はこちらから