特集

ゆるやかな回復が続く工作機械業界

情報の5Sを徹底、IoTで工場改革を目指す

工作機械カバーの仕事はフル生産が続く

株式会社 石川工業所

LINEで送る
Pocket

画像:情報の5Sを徹底、IoTで工場改革を目指す横形マシニングセンタの機械カバーの組立作業

好調な工作機械受注

画像:情報の5Sを徹底、IoTで工場改革を目指す代表取締役の石川光彦氏

一般社団法人日本工作機械工業会(日工会)が発表した6月の工作機械受注額は、前年同月比31.1%増の約1,430億円で、単月としては過去3番目の高水準となり、7カ月連続で前年を上まわった。これにより、2017年1~6月の受注総額は同21.1%増の7,642億円と4半期ぶりに前年を上まわった。

日工会は年初に2017年の受注見通しを1兆3,500億円と発表、下期も上期同様の受注状況が続けば、受注総額は1兆5,000億円となり、過去2番目の受注額に並ぶ。ただし、業界では地政学的リスクや為替変動などの下振れリスクを踏まえた慎重な見方も出ている。

  • 画像:情報の5Sを徹底、IoTで工場改革を目指す2台目のACIES-2515T+AS-3015NTK+ULS-3015NTKは24時間連続稼働
  • 画像:情報の5Sを徹底、IoTで工場改革を目指す2017年2月に導入された自動金型交換装置(ATC)を装備したベンディングマシンHG-1003ATCによりマシニングセンタのスプラッシュガードの部品を加工する

80〜90%が3社からの工作機械カバー

現在、工作機械カバーのサプライヤーはフル生産が続き、秋口以降にはさらに繁忙となる様相。そんな状況の中、工作機械カバーの仕事が80~90%を占める㈱石川工業所は増産対応に追われている。

売上比率をみると、中型マシニングセンタのスプラッシュガード関連が50~55%、ベンディングマシンのカバー関連が20~25%、小型マシニングセンタの機械カバー関連が10~15%となっている。

「精密板金・板金加工は当社にお任せください。3次元CAD設計からアセンブリーの運搬まで、お客さま満足度を高め、お客さまにご納得いただける製品を製作。板金加工の国家検定、工場板金技能士の特級4名、1級12名、2級15名を擁しています。また、3次元CAD SolidWorksを4台、3次元ソリッド板金CAD SheetWorksを3台活用しており、一貫してお引き受けできます」と、石川光彦社長は同社の強みと特徴を語る。

画像:情報の5Sを徹底、IoTで工場改革を目指す左:溶接工程には10台の大型定盤が設置され、13人の社員が配置されている/右:中・大型のマシニングセンタの機械カバーは、角形デザインが採用されるケースが増えている

会社情報

会社名
株式会社 石川工業所
代表取締役
石川 光彦
住所
静岡県焼津市越後島539-1
電話
054-628-3683
設立
1979年
従業員数
63名(正社員43名)
主要事業
工作機械カバー・テレスコピックカバー・板金機械カバー・R曲げカバー、オイルパン・タンク、機械部品加工
URL
http://www.ishikawakogyo.co.jp/

つづきは本誌2017年9月号でご購読下さい。

LINEで送る
Pocket